HG Gセルフ 大気圏パック レビュー

今回はHG Gセルフ 大気圏パックのレビューをしていきたいと思います。
まずはGセルフ本体になります。


クリアパーツも使われていて良い感じです。

腕、足、腰の可動範囲になります。
(股の開きを撮るのを忘れてしまいました、すいません)



次は大気圏パックです。
大気圏パックも翼部の向きが変えられるように可動します。

大気圏パック装備Gセルフ、翼可動です。

大気圏パックとライフル(トワサンガ製)、シールド(アメリア製)になります。

作成は簡単でサクサク組めるキットです。
ガンプラ初心者にもオススメできると思います。

Gセルフ自体の可動は可もなく不可もなく、という感じです。
デザインが複雑なこともあり、色分けは完全ではないです。
シールで対応できる部分も多いので部分塗装なしでも見栄えはOKだと思います。

私は合わせ目消しはよっぽどでないとしないので、このキットも合わせ目消しをしていません。
Gセルフは合わせ目消しをしなくても気にならないキットであると思います。
(あえていうなら肩のスラスター部の合わせ目は気になるかな?)

どのみち最近のキットは合わせ目が見える位置にあったとしても目立たないように思いますし、むしろ私のようなめんどくさがり屋が適当に合わせ目消しをすると後々ひび割れなんかを起こすのでやらないようにしています。

私がガンプラで一番大事だと思っているポーズを付けた状態です。




Gセルフが好きな方は絶対に買っておくべきだと思うキットです。
Gセルフの大気圏パックの印象は劇中1、2を争うくらいのものだと思いますので、飾るにはもってこいです。
(Gセルフの顔のデザインは可愛い系のデザインだと思うので、女子受けするんじゃないかと思う今日この頃です)

後日記事にさせてもらいますが、宇宙用パックも別キットで出ていますのでこれも合わせれば良い写真も撮れると思います(笑)
最後に説明書表紙&カラーガイドを。

ではでは、また次回のガンプラ記事も宜しくお願いします。
スコード!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です