機動戦士ガンダム第39話~ニュータイプ、シャリア・ブル~感想

今回の話

ソロモンで謎の攻撃により味方に被害が出ていた。

その攻撃は止んだが別の敵が接近、ホワイトベース隊が出撃する。

モビルアーマーのブラウ・ブロと戦うガンダムは、操縦系統がオーバーヒートを起こして危機に陥っていた。

気になったシーン

ソロモンの奇妙な事件

連邦軍の基地に改装中のソロモンであったが、ラ、ラ、という謎の音が聞こえ、戦艦やモビルスーツなどが爆発する事件が起こっていた。

ホワイトベースは第一戦闘配備の命令を受け、ガンダムとガンキャノン、Gファイターを出撃させた。

ジオンの基地として機能していた時はソロモンと呼ばれていましたが、連邦軍はコンペイトウと呼ぶようになります。

ラ、ラという音はニュータイプ以外にも聞こえるようでした(聞こえていた連邦兵がニュータイプなら別ですが)。

アムロ、声のもとへ

アムロは誰かに呼ばれているような感じがしていた。

アムロは聞こえてくる声(音)に集中し、呼ばれているほうに前進するが声が止んでしまう。

一方、シャアとララァはエルメスによるソロモンへの攻撃を止め、撤退していった。

ニュータイプだと、ラ、ラという音だけでなく、誰かに呼ばれているような感覚があるんですね。

アムロだけでなく、ミライも同じように呼ばれているように感じていました。

シャリア・ブル、ギレンに謁見

ギレンに呼ばれたシャリア・ブル。ニュータイプ能力を認められたという話を聞かされる。

ギレンから、キシリアのもとへ行くように言われ動揺するシャリア・ブルであったが、断れるわけもなく、了承することになった。

ギレンからは、キシリアのもとに送る意味は考えてくれ、と釘を刺されるのであった。

シャリア・ブルはヘリウム3を採取する木星船団を率いていた、木星帰りの男です。

Zの登場人物のシロッコもそうでしたが、シャリア・ブルが第1号らしいです。

キシリアのもとへ送る意味、簡単に言うと”キシリアの動向を探れ”とかでしょう。

ブラウ・ブロ出撃

グラナダに降り立つ空母ドロス。シャリア・ブルはこのドロスに乗ってキシリアのもとへ赴いた。

モビルアーマーブラウ・ブロに搭乗するシャリア・ブル。休む間もなく出撃していった。

キシリアはシャリア・ブルのことあんまり警戒してませんでしたね。

ギレンからの差し金みたいなものなのに。

シャアとシャリア・ブル

シャアとララァに会うシャリア・ブル。ララァのニュータイプ能力の高さを感じ取った。

シャアの考えていることも読み取ったようで、「ニュータイプ全体の平和のために案ずるのです」とシャアに言うのであった。

シャアは「人類全体のために」と、言葉を変えるのであった。

シャアがザビ家を抹殺すること、ニュータイプのための世の中について考えていることを感じ取ったのでしょう。

セイラの金塊

セイラはブライトを呼び出し、シャアとの関係(兄妹)を告白する。

セイラはシャアからもらった金塊をみんなに分けてくれとブライトに言った。

ブライトはテキサスコロニーでのシャアとセイラの会話で、兄妹関係であることは認識したんだと思ってました(笑)

ここでセイラが直接言うことで、ブライトはセイラとシャアが兄妹であることを理解したんですね。

ガンダムの反応速度

ブラウ・ブロのオールレンジ攻撃は強烈であり、カイやハヤトでは太刀打ちできる相手ではなかった。

ブラウ・ブロと戦うガンダムであるが、アムロの反応速度(操縦)にガンダムがついてこられなくなっていた。

しかしシャリア・ブルはオールレンジ攻撃をことごとく避けられ驚いていた。

アムロの反応速度が上がることは良いことですが、それにガンダムがついてこられないのは死活問題です。

実際のコクピット内ではすごい速さでガチャガチャ操縦桿動かしていると想像すると、シュールです。

ブラウ・ブロ、撃墜

ガンダムはブラウ・ブロの本体を発見、接近して横からビームライフルを撃ち込んだ。

ブラウ・ブロは撃墜できたがガンダムがオーバーヒートしてしまっていた。

幸い、同じような敵が来ることはなく、ガンダムは無事に帰艦することができた。

このときララァは、今エルメスで出ればガンダムを倒せる、とシャアに言いますがシャアは却下します。

シャアとしてはララァを失うわけにはいきませんからね、慎重にもなります。

ただ、視聴者からすると、せっかくのチャンスを・・・と思う方もいるでしょうね(笑)

私が選ぶ名言(名セリフ)集

ソロモンに奇妙な事件が起こった(ナレーション)

ソロモンが連邦軍のものになった説明でのセリフ

私の記憶だと、なぜかこのセリフが着ボイスになってたことがあったような・・・。

呼んでいる!(アムロ)

ラ、ラという音を聞いていたときのセリフ

呼んでいるというより、引かれあっているんでしょうね。

兄は鬼子です!(セイラ)

ブライトと話をしていてのセリフ

鬼子、なんとなくでしか意味はわかりませんが、ある意味パワーワードです(笑)

ガンダムの反応が遅い?!(アムロ)

対ブラウ・ブロ戦にて

なかなかにカッコいいセリフですね。

今さっきのような敵が来たら、もうアウトだぞ(アムロ)

ブラウ・ブロを倒し、ガンダムのオーバーヒートを確認してのセリフ

このタイミングでエルメスも来てたら、さすがにやられてましたね。

主な登場兵器

連邦

Gファイター:セイラ

RX-77-2ガンキャノン:カイ

RX-78-2ガンダム:アムロ

ホワイトベース

ジオン

MS-09Rリック・ドム

MS-14S(YMS-14)シャア専用ゲルググ:シャア

MAN-03ブラウ・ブロ:シャリア・ブル、シムス・アル・バハロフ他

MAN-08エルメス:ララァ

ザンジバル

ドロス

終わりに

ニュータイプのシャリア・ブルが登場し、退場していきました・・・。

ガンダムを超えるアムロですが、それはそれで問題です。

次回はナイスガイ、モスク・ハン博士が登場です!

ではまた次回、よろしくお願いします。

おまけ

今回のアムロの発進時の掛け声は「行きまーす!」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です