※ネタバレ注意 ビルドダイバーズ 第10話を視聴しての感想

第10話、有志連合

では、私が気になったシーンなどをまとめていきたいと思います。

ネタバレが含まれますのでご注意願います。

運営登場(アバンタイトル)

ブレイクデカールが進化、ガンプラが再生するようになっていた。

運営にブレイクデカールの件の対応をしてもらうためにも、チャンピオンはクローズドモードでゲームマスターを呼び出した。

チャンピオンはベータテストのデバックに加わっていたみたいです。

クローズドモードへの切り替えはチャンピオン特権かな?

そしてゲームマスターのキャラはガンダイバーなのかな?

SDガンダムフォースは見てないからわからんかった(笑)

ブレイクデカールの正体

リアルのガンプラにナノICチップを練り込んだ不正パーツ、それがブレイクデカールの正体であった。

ガンプラのスキャン時に発動し、システムで定められた数値以上の能力を得られるものであった。

性能どころかガンプラの形も変わってたりしますからね・・・。

バグ技ですわな。

証拠不十分

運営が対応できない理由は、ブレイクデカールを使用した証拠がないからであった。

ブレイクデカールの使用を自供したダイバーのガンプラを確認しても、ブレイクデカールの形跡は確認できなかった。

見事なまでの隠蔽(証拠抹消)であった。

なんとなく、元運営とかが犯人の気がしてきますね~。

有志連合

ブレイクデカールを配布している犯人を突き止めるため、信頼する人達(リク達、ビルドダイバーズ含む)を集めて有志連合を発足したチャンピオン。

すでに作戦は始まっており、連合側の一人が敵に接触を図っていた。

しかし、敵はその作戦を把握しており、逆に連合側が誘いこまれた形になっていたようだった。

トリニティ3兄弟風の服装やめろ(笑)

やるならせめて一人は女性キャラにしときなさいよ(笑)

敵基地を包囲

敵は初心者サーバーのエリアを根城にしているようであった。

有志連合チームは運営の力も借り、初心者サーバーに入って敵基地を包囲した。

しかし、敵は新たなブレイクデカールの性能を試そうとしていた。

ブレイクデカールを配布している犯人、ビルドファイターズトライに出ていたイノセ・ジュンヤというキャラと被るのですが・・・。

ただ単に、フード姿と暗い雰囲気が似ているだけなんでしょうがね・・・。

戦闘開始

突入隊を援護するため、マギーの駆るガンダムラヴファントムが奮闘する。

しかし敵はすぐに再生をし、援護部隊の戦いも決して易しいものではなかった。

ついにマギーのガンプラが!!

公式サイトのメカ情報によると、武器はビーム”カマ

ビームサイズでもビームシザースでもなく、”カマ“なんです。

アヤメ、敵となる?

突入組は敵の基地内に侵入する。

リクはサラの助言から、チャンピオン達とは別ルートで進行することに。

しかし、別ルートで進む最中、アヤメが行く手を阻むのであった。

やっとアヤメの立ち位置がわかりそうです。

リク達のフォースに入ったときやフェスでの行動など、わりかし自由に行動できていてモヤモヤしていたんですよ。

終わりに

運営が無能ではなくて安心しました(笑)

正直見れないんじゃないかと思っていたマギーのガンプラも見れて良かったです。

次回はアヤメの過去について触れるみたいなので、昔なにがあったのか早く知りたいですね。

ではまた次回、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です