※ネタバレ注意 ビルドダイバーズ 第20話を視聴しての感想

第20話、真実

では、私が気になったシーンなどをまとめていきたいと思います。

ネタバレが含まれますのでご注意願います。

アイテム集め

ナミ(ナナミ)がフォースに加入し、歓迎会を開いていたビルドダイバーズ。

ナミからの提案で、部屋の模様替えのためのアイテムを集めるミッションに出発することになった。

ナナミさんが正式加入ですね。

残りの話数的に、活躍の場があるのかは不明ですが・・・。

ガードロボ

バグの発生源を突き止めるためガードロボを出撃させた運営。

前回のナデシコアスロンの出場者のなかに原因となる者がいることがわかっていたため、各地に現れて出場者をスキャンしていくガードロボ。

そして、サラをスキャンしたガードロボが異常を検知し・・・

ガードロボで直接アバター見ないとデータ探れないんか(笑)

バグの発生

サラを捕えようとしたガードロボだったが、サラが発生させた謎の力で阻まれてしまう。

その謎の力の影響でブレイクデカールの時のような現象(雷や竜巻などが起こり、町も破壊される)も起こり始めていた。

そこへ謎の鳥が現れ、ガードロボを消し、バグ現象も消し去るのであった。

ついに謎の鳥が接触してきましたね。

開発者

謎の鳥は自らをGBNの開発者(メインシステム製作)であると告げた。

そして、サラがGBN内で生まれた電子生命体であることも告げる。

開発なにしてんすか(笑)

あと、ビルドダイバーズのメンバーもサラについて全く何も気付いていないのはどうかと思う(笑)

少なくともログイン時間おかしかったでしょうよ。

原因

今回のバグはサラが原因であるという開発者。

サラがシステムデータを圧迫し、いずれGBNは崩壊するとのことだった。

運営もそれに気づき、修正パッチで原因を排除することになると伝えられる。

ゲームマスターの有能っぷりがすごい(笑)

開発者には劣るのかもしれませんが、原因とその影響、サラが電子生命体であること、いずれGBNが崩壊してしまうことまで突き止めてました。

サラ、消える

みんながどうしたらいいかわからない状態の中、サラも悩んでいる様子だった。

1人で考えたいというサラであったが、手紙を残しどこかへと消えてしまった。

そして運営側は、GBN内の全ダイバーに向けてサラについて発表をする。

これもう指名手配じゃん(笑)

どうなっちゃうのかな・・・。

終わりに

[運営(ゲームマスター)登場→サラがいないことに気づく→運営が追いかけるために消えると同時にエンディング曲]の流れは良かったですね。

しかし、今回は重い内容だった・・・。

なんとなく終盤でこうなることは予想していましたが、まさかの指名手配状態とは・・・。

次回予告の感じからすると、ブレイクデカールの開発者(シバ・ツカサ)の力を借りてサラを助ける流れになりそう。

そして間の悪いオーガも登場するみたいですね。

正直、オーガはここまで引っ張るキャラか疑問ですが、ちゃんと決着着くならそれでいいかな。

次回も楽しみに待ちます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です