※ネタバレ注意 ビルドダイバーズ 第21話を視聴しての感想

第21話、君の想い

では、私が気になったシーンなどをまとめていきたいと思います。

ネタバレが含まれますのでご注意願います。

サラが居なくなって数日

運営の全体放送から数日が過ぎた。

ビルドダイバーズのメンバーもいろいろなところを探すのだが、サラはいまだ行方知れずだった。

リクはエントリーしていたマッチングバトルを棄権し、敗退となっていた。

序盤からモルちゃんが可愛い・・・。

開発と運営

開発者に呼び出され、サラについて話し合う運営(ゲームマスター)。

開発者は新しい生命(サラ)を擁護するような発言をするが、運営側はサラを生命とは認めず[バグ]であるとし、GBN世界を守るためにも消去しなければならない存在であると言った。

確かに[運営]としてはゲームの世界を守ってなんぼですから、現状ではこの対応が正しいと思いますね。

GBNが消えたらいろんな損失がデカいですからね・・・。

そして最近火の鳥(マンガ)を呼んだ私には、会話をしていた空間と相まって、開発者のアバター(鳥)がそれに思えて仕方なかった(笑)。

オーガ襲来

サラを探していたリクの前に現れたオーガのガンプラ(新機体)。

オーガは、リクが今までサラの力(バグ)を使って戦ってきたのではないかと、怒りをあらわに問いかけた。

すでに、戦闘は避けられない状況となっていた。

オーガがそう思ってしまうのもわかる気がしますがね。

戦いの最中に

オーガとの戦いはお互いに死力を尽くすものとなっていた。

両機、必殺技を繰り出すが決着はつかず、満身創痍の状態で戦いを続けていた。

その最中、クジョウ・キョウヤからの全体への臨時放送が入り、サラがキョウヤ達に拘束されたことが伝えられた。

またオーガとの決着つきませんでしたね・・・。

なぜそんなにオーガ戦を引っ張るのか・・・。

終わりに

今回はGBNの世界というものがどういうものか、ただのゲームの世界とは言えない状況が伝わる回でした。

GBNの世界でしか話すことも歩くこともできない人たちもいる・・・GBNはかなり高度な仮想現実世界なんですね。

設定を覚えていないんでわからないですが、この世界観ならGBN以外にも絶対にVR世界があると思いますけどね。

次回にはサラの問題は解決するのかな?

来週も楽しみに待っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です